HOME > サービス案内 > 自計化のススメ

企業の自計化

自計化のメリット

自計化とは会計システムを導入していただき、お客様自身で記帳をしていただくことです。

手間が増えると思われるかもしれませんが、自社で会計業務を行うことでリアルタイムに会社の経営状況が分かり、適正かつ迅速な経営判断が可能となります。売上や利益だけでなく資金繰りの計画も立てやすくなり、キャッシュフロー経営に転換することで黒字化にもつながります。

当事務所としても会計データが共有されることでご相談に対して的確な対応ができるようになる、納税予測が立てやすくなる、書面添付の内容が充実させられる、事業計画の策定がしやすくなるなど、さまざまなメリットがあり、よりお客様にご満足いただけるサービス提供が可能となります。


事務所の自計化へのサービス概要

会計システムの導入から経理体制の構築、会計データを用いた月次決算体制の構築まで、一貫してサポートいたします。特に自計化の肝は「いかにデータを活用するか」という部分です。巡回監査でタイムリーな会計データを確認させていただきつつ、経営者ご自身が意思決定できるようお手伝いいたします。


自計化によりこのような効果が得られます

会計を丸投げしていると「なんとなく儲かっている」「よく分からないけど儲かっていない気がする」というどんぶり勘定になりがちです。自計化して自社の状況を常に把握することで、タイムリーな経営判断が可能となります。たとえ赤字であっても、それに向き合うことで、早期に黒字転換が見込めるようになります。

当事務所では申告の際に書面添付を行っております。自計化によって会計データの正確性が高まることで、書面の内容が充実し、税務署からの信頼が高まり、税務調査の手間を省くことにつながります。また、書面添付を行うことで金融機関からの信頼性も高くなり、融資の面でも有利です。